2016年7月15日金曜日

1984年のMachintoshタッチスクリーンタブレット プロトタイプ

WWDC2016のセッションの合間に、会場のMoscone Centerのすぐ近くにあるサンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)へ行った。以前、ニューヨークに6ヶ月ほどいたことがあって、NYのMOMAには何度か通ったことがある。

SFMOMAではサンフランシスコにちなむ写真や絵画などがあって、サンフランシスコらしさを打ち出していたようだけれど、いわゆるモダンアートではウォーホルやリキテンスタインなど(僕の中ではNYアート)も目についた。でも、後で調べて知ったのだけれど、これらは多分ドリス&ドナルド・フィッシャー夫妻のコレクションだ。彼らはサンフランシスコを拠点にGAPを創始した人たち。そもそも、GAPがサンフランシスコ発祥ということ自体を知らなかったのだけれど(GAPもてっきりNY発だと思っていた)。

さて、このSFMOMAの6階のフロアで「Typeface to Interface」という展示をやっていた。


1950年以降のアナログからデジタルに至るグラフィック・デザインとかコミュニケーション・ツールとか、いわゆるビジュアル・コミュニケーションを考察するべく、アーロン・マーカスのコレクションを中心にSFMOMA独自のコレクションを含めて展示しているらしい。

この中に、Machintoshのタッチスクーン・タブレットのプロトタイプであると題されたものがあった。
1984年に試作されお蔵入りになったとある。本当にタッチスクリーンだったのだろうか。30年以上昔に!?隣には初代Machintoshもある。初代だって1984年に発売され、ブラウン管技術だったのだから、このタブレットが動いていたとはとても信じられない。もしかすると単なるコンセプト・モックアップなのかもしれない。でも、だとしても既にタッチスクリーンを志向していたとすれば興味深い。いずれもSFMOMAのコレクション。ガラスケースに厳かに納まっている。


説明板にはデザイナーのハルトムット・エスリンガー(Hartmut Esslinger)のことが書かれている。エスリンガーは、この頃のアップル製品のデザインコンサルトをしていたドイツのフロッグデザイン社の創設者。Snow White design language というデザイン規則のことは有名で、このタブレット試作品もそれに基づいて白を基調とし、独特なスリットがある。

但しこのキーボードは絶対にいやだし、それにスリット模様もわざとらしく存在理由が曖昧な感じ。やはり何かの間違いのような気がしてならない。

さらに奥へ進むとグーグル・グラスの展示があった。
展示してあるのは、多分2012年前後の製品だが、既にどこか古風な雰囲気を醸し出しているのは展示ケースという演出のなせる技だろうか。

展示してあるプロモーション・ビデオの制作のことなど、シリコンバレーと近いこともあり、SFMOMAが、いろいろとこの業界に関わっていることもうかがえる説明がある。

「Typeface to Interface」は10月23日までやっているそうです。この業界のまだまだ短くかつはかない歴史と、その他のたくさんの展示でもしかするとサンフランシスコ魂みたいなものが味わえるかも知れません。


2016年7月10日日曜日

サンフランシスコ旅行でモバイル・ルーターのレンタル(関空で)

AppleのWWDC2016に参加する(初めての参加)ため6月にサンフランシスコに行った。

渡米前に、現地でのネット接続についてググると、カフェやホテルのWiFiサービスにはあまり期待しない方がよさそうだったので、iPhone用にSIM(できれば通話もできるもの)を入手するか、あるいはデータ・モバイル・ルーターのレンタルを検討した。

結論的には、出発日に関空の中にある、とあるショップカウンターで当日申込みでモバイル・ルーターをレンタルして、それが現地で比較的快適に使えたので、そのことを書きます。

T-mobileのSIM、操作ミスで失敗した話


実は、当初は、割高だがT-mobileのSIMの並行輸入品を日本のアマゾンで買って(多分2,000円くらい現地より高い)、日本でアクティベイトして予めiPhoneに仕込んで持っていこうと思った。緊急時に電話も使えるし、それがよいと思って、アマゾンで1つ購入した。
日本のアマゾンで購入
T-mobileのSIMのアクティベートは日本に居てもできる。実際、アクティベートする段階で念のためチャットで聞いてみたら日本からでもできるという。

日本からでもOnlineでアクティベートできるらしい

アクティベートの手続きを進めると、コース選択のページになる。30ドルでデータ通信は5GBまではスピード制限なしで使えて、通話は100分までというのがある。1週間しかいないのでこれでよいか?但し来月の解約手続きは必要かも知れない。あるいは、その下のPAY AS YOU GO PLANか?

T-mobileサイトの各コース価格表

ここで、僕は失敗してしまった。コースを決めるのに迷って、ブラウザの別のタブをいくつか開いて利用経験者のブログなんかを参考にしようとあちこちググっているときに、うっかりアクティベート後の申込み手続き中のT-mobileサイトのタブを閉じてしまったのだ。

これはもうあとのまつりで、SIMはアクティベート済みになってしまったので、再度サイトで手続きしようとしても「このSIMはアクティベート済みのものなので先へ進めません」的なエラーになり、コース選択やクレジットカード情報入力にたどり着けない。

T-mobileサイトのチャットで、どうすればいいか聞いてみると、サポートへ電話しろという。電話でないと対応できないという。
それなら、渡米してから電話したほうが良いと思い、とりあえず対処は渡米後に保留した。

しかし、出発当日、関空への移動中に少し不安になってきた。英語力上の不安もあるし、もし電話で説明がうまく通じないとか、あるいは手続き上のことで開通までに時間がかかってしまったら、肝心なときときにネットが使えない可能性がある。

関空で当日申込みモバイル・ルーターをレンタル


それで、関空に着いてすぐに、当日申込みでモバイル・ルーターをレンタルできるかネットで調べてみた。見つけたのが以下の関西国際空港のサイトのページである。
「予約なし当日貸出」と書いてあるサービスもある。これをあたってみよう。
乗っていたいた空港バスは関空の3階の出発フロアに着いたので、とりあえず、3階フロアにある「テレコムWi-Fi」に行ってみる。

「テレコムWi-Fi」には、事務ユニフォームの女性が3人いて、ルーターの入っていると思われるたくさんのケースを棚に並べる作業をしていた。レンタルのことをたずねると、声をかけられたのが意外というような表情で、今日貸し出せるものは申し訳ないがございませんと丁寧に断られた。あくまで印象だけれど、ここは個人客向けというより多分、契約法人向けとかにサービスしているのだろうか。

続いて1階の「GSMレンタフォン海外用Wi-Fiルーターレンタル」のブースに行ってみる。
黒いポロシャツの男性店員がにこやかに、在庫があります。ただ今、キャンペーン中で割引がありますと説明してくれ、あっさりレンタルの手続きができた。

ルーターはポシェットのようなソフト・ケースに入ってはいるが、このケース自体はわりとかさばるサイズ。スーツケースに入れて預かり荷物にしていいか聞いてみたが、やはり精密機械なので機内持ち込みにしてくれという。まあ、当然か。ルーター本体だけを手持ちのカバンに入れて、ソフト・ケースはスーツケースにいれることにした。

モバイル・ルーターの使用感


ルーター本体は、日本で自分が使っているWiMAXのルーターや愛用のMR04LNに比べると2倍くらいのサイズがありずっしり頑丈な感じ。多分、バッテリーが大きめなのだろう。でもまあ、ブレザーの内ポケットやパンツの後ろポケットにいれて持って歩くことはできた。バッテリー持続時間は口頭では6時間と説明され、サイトには4〜9時間とあるが、使用頻度によるのだろうけど僕の場合は実際には10時間以上はもっていたように思う。

データ量は無制限(ただし極端に大量に使うと制限がかかる場合があるらしい)とのことだった。最初に書いたT-mobile SIMで契約しようと思っていたのは月5GBのコースだったが、実際のところ、大きめのファイルのダウンロードするなどあったので、滞在の1週間でさえ5GBでは足らなかっただろうと思う。

難点はやはり、いつもルーターもiPhoneとは別に持ち歩かないといけないことだった。何しろ外を歩いて、Googleマップを見るときも、UBERを呼ぶときも、道すがらFacebookでWWDC2016の素晴らしい参加者たちが発信してくれている情報をチェックするときもモバイル・ルーターがなければならないのだから。今思えばSIMとモバイル・ルーターの2台持ち(1枚と1台持ち?)にしてもよかったかもしれない。

ソフトバンクの「アメリカ放題」というのがあるのは、現地で日本人参加者の人から聞いて知った。僕はドコモなので、この時ばかりは、うらやましいと思った。たびたび渡米するようになったら(もし本当にそんなことになったらだが)僕もソフトバンクに乗り換えようと思う。

T-mobile SIMは結局使わなかったし、上記では十分な情報とは言えないかもしれませんが、関空でモバイルルーターを当日レンタルできたことなど、関空発でサンフランシスコ旅行など計画されている方のなにかの参考になれば幸いです。





2015年5月27日水曜日

更新日付を保持しつつリッチテキストファイルをEvernoteにインポート

TogetherというMacのソフトでノートを管理していたのだけれど、iOSとの同期がよくないので、Evernoteに移行することにした。
Togetherからは「Export Files...」で一旦フォルダに保存。

Evernoteでノートブックを作って、ドラッグ&ドロップすれば移行は簡単にできるのだが、ノートの作成日付と更新日付がどのドラッグ&ドロップした日になってしまう。どうすればいいのか?



AppleScriptを使ったツールを作ってくれている人がいた。

Create Evernote Notes from Finder Selection

以下のように操作したらできたのでメモっておく。

1)アプリケーション>ユーティリティ の中にあるスクリプトエディタを起動して「新規書類」ボタンをクリック

2)上記サイトのスクリプトをコピペして ImportNotebook のところの"Inbox"を移行したいノートブック名に変更


3)これをインポートしたいファイルのあるフォルダに保存する。ここではconverter.scptというファイル名にした。


4)フォルダの中の移行したいファイルはファインダー上で選択状態にしなければならないようだ。


5)スクリプトエディタ上のPlayボタンみたいのをクリックで実行


6)ファイルの作成日と更新日がノートの作成日、更新日に反映されてインポートできた。


7)これを各フォルダ毎に繰り返した。つまり、
上記 converter.scpt を次のフォルダに移動して、
ImportNotebookを書き換えて、
Finderでファイル選択して、
Playボタンをクリック、の繰り返し。

以上です。

【おまけ】
リッチテキストなので、.rtf という拡張子が付いていて、これがEvernoteのタイトルに反映されてしまっているのを何とかしたかったので、Titleのset 部分のスクリプトを追加した。ファイル名の最後の4文字を省いてtitleを作る。







2013年11月15日金曜日

WinSCPをタスクで自動起動 — SSH鍵とパスフレーズの問題(ただしWindows2000の話し)

Windows2000の話しです。今年は2013年ですがまだ使っています。
定期的にデータを別のFreeBSDサーバーに転送するためにWinSCPを使います。

ここからFreeBSDサーバーへは既にSSHで接続しているので、普通にパスフレーズのあるSSHキーを使って認証していました。

同じキーを使って WinSCP で転送しようと思い、まずはWinSCPスクリプトとそれらを起動するバッチを書きます。
以下に例を掲載しますが、これでPagent を常駐させてキーとパスフレーズを登録しておけば trans.bat をダブルクリックして、問題なく転送できました。

trans.winscpscript (WinSCPスクリプト)
option batch on
open username@myserver.example.com
option confirm off
put "d:\document\*.*"
exit

trans.bat (バッチ)
"C:\Program Files\WinSCP\WinSCP.com" /console /script=c:\...\trans.winscpscript

しかし、タスクスケジューラにこのバッチを登録して定期的にバッチを起動させようとしても転送はされません。

ログを見てみるとサーバー側からpublicキーに対応するprivateキーがないというような「お断り」のメッセージが来ています。
どうも、タスクスケジューラで起動した場合は Pagentが効かないようです。

そこで、バッチを少し書き直してprivateキーを指定するようにします。

trans.bat (バッチ)修正版
"C:\Program Files\WinSCP\WinSCP.com" /console /script=c:\...\trans.winscpscript /privatekey="C:\Documents and Settings\.....\mypravatekey.ppk"

しかし、これではパスフレーズが渡せていません。WinSCPにパスフレーズのコマンドオプションはないようです。

仕方ないので、転送用にパスフレーズのないprivateキーを作ることにしました。
今使っているprivateキーをPuTTY key gen で読み込んで、パスフレーズを削除して、これを別の名前で保存すれば、そのままprivateキーとして使えます。
例えばmypravatekey_nopass.ppk のようなファイル名にします。

trans.bat (バッチ)再修正版
"C:\Program Files\WinSCP\WinSCP.com" /console /script=c:\...\trans.winscpscript /privatekey="C:\Documents and Settings\.....\mypravatekey_nopass.ppk"


セキュアじゃないかもしれないですが、ほかに何かいい方法があればどなたか教えていただければと思います。(ただしWindows2000です)

2013年11月6日水曜日

Magic Mouse のスクロールをもっと速くする

Magic Mouse はマウスの表面を一本指で縦や横にスワイプすることでスクロールを制御できます。
この反応が僕にはすごく遅く感じられる。なんとか速く動くようにできないものか。

「システム環境設定...」の「マウス」にはなぜかこのレート(スワイプ距離とスクロールの大きさの割合)を設定する項目がない。

実際は「システム環境設定...」の「マウス」ではなく、「アクセシビリティ」で左サイドメニューから「マウスとトラックパッド」を選択して、ウィンドウ下部の「マウスのオプション...」をクリック。ここに「スクロールの速さ」の設定ができるスライドバーがありました。


よく知られていることかも知れないが、僕は見つけるのにだいぶ時間がかかった。

2012年6月25日月曜日

MP3のトラック番号付けは Tagr (Macアプリ) が便利

Tagr が便利なのはファインダーで並べた順序のままでトラックのナンバリングが自動でできることだ。
つまり、例えばダウンロードした順番でトラック番号を付けたい場合は、MP3ファイルをファイル変更日順でファインダーに表示させて、これを全選択して Tagr のリストにドラッグ&ドロップすればリスト上でその順番になっている。

そしてツールバーの Numbering ボタンをクリックして、表示されたサブウィンドウでApplyボタンをクリック(僕の場合、Store Track Countだけ選択)、これでトラック番号がつく。
Save to Disk ボタンをクリックして保存すれば完了。

MP3ツールはいろいろ出ているのでもっと便利なものもあるのかもしれないが、これはやりたかったことが期待どおりにできたので本当に助かった。

Tagr - www.entwicklungsfreu.de


2012年1月6日金曜日

Macのフォルダ名を勝手にローカライズ——SystemFolderLocalizations.strings の編集

Macに Projects というフォルダを作って、これのFinderでの表示名を「プロジェクト」という日本語にした。

やったこと。
1).localized というファイルを作る
Projects というフォルダを作って、この中に.localized というファイルを作成。中身は空で良い。 先頭がドット(.)のファイルは隠しファイルなので、ターミナル.app で作るとよい。例えば、
$ cd ~myname/Projects
$ touch .localized

2)SystemFolderLocalizations.strings を書き換える /System/Library/CoreServices/SystemFolderLocalizations/Japanese.lproj/SystemFolderLocalizations.strings を BBEdit 等のエディタで編集。
   <key>Projects</key>
   <string>プロジェクト</string>
というのを追加して保存。



3)Finder を再起動
アップルメニューの「強制終了...」で「Finder」を選択し、「再度開く」ボタンをクリック。

以上

 補足:
 SystemFolderLocalizations.strings の書き換えは通常のテキストエディタでは編集できない。 また、従来は Property List Editor というXcodeに添付のツールで、
"Projects" = "プロジェクト"
 のように記述してできたらいしいが、Xcode4にはこのツールはないようだ。
とりあえずこれの編集は上記のように BBEditでできた。

参考にさせていただいたサイト:
Mac OS X Finderのディレクトリ名ローカライズを任意に設定する
How do I rename the Downloads folder (in Lion)?